オーダーシャツについてこれだけは知っておこう!お役立ち情報をご紹介!

お役立ち情報として初めてオーダーシャツを作る場合、まず2つのパターンで注文をすることになります。完全なオーダーだと少しコストは高くなりますが、その分生地からデザインまで自分の理想を叶えることが可能です。もう少し予算を落としたいという場合はセミオーダースタイルのオーダーシャツを購入することです。こちらはあらかじめ決まったデザイン・生地の中から選ぶことになり、失敗をしない縫製ができる方法になっています。

オーダーシャツと既製品のシャツとの違いとは?

オーダーシャツと既製品のシャツは、主に3つの点で異なります。まず一つ目はサイズで、オーダーシャツは自分の体型に合わせて採寸して仕立てるため、フィット感が高くなるのに対し、既製品は一般的な体型に合わせて作られていることから自分にぴったり合うものを見つけるのは容易ではありません。二点目は、生地やデザインの違いです。オーダーシャツは自分の好みの生地やデザインを選ぶことができます。それに対し、既製のシャツは店頭にあるものから選ばなければならず、自分のイメージに近いものがないケースもあります。三点目は価格や納期の違いです。オーダーシャツは既製のものよりも高価になる傾向があるほか、仕立てに時間がかかるため納期も長くなりがちです。一方、既製のシャツは安価で即日購入できるというメリットがあるので、急ぎでシャツを調達しなければならないような場合に重宝するでしょう。このように、両者には様々な違いがあるため、その内容を理解して自分に合う方を選ぶようにしましょう。

オーダーシャツはどこで購入することができるのか?

シャツは既製品から選ぶこともできますが、よりシルエットやサイズも好みに合うものを選ぶならオーダーシャツにすることもおすすめです。 とはいえオーダーシャツはどこで購入できるのか、わからないという人もいるのではないでしょうか。 オーダーシャツは、専門の店舗やブティックなどで注文することができます。フルオーダーなら、採寸をし型紙から作成することになります。サイズも細部まで調整できますし、素材やデザインも好みのものを選べます。 良いお店がなかなか見つからないという場合は、百貨店などのカウンターを利用することもおすすめです。専門店と同じように採寸をし、好みに合う生地やデザインを選びます。 最近は、オンラインでのオーダーに対応できるお店も増えています。実店舗でオーダーシャツを作った場合、同じサイズで再オーダーできるところもあります。このほかでは、好みに合う生地やサイズ、デザインなどを選択して作成することも可能です。近くに良いお店がないという場合も、自宅から手軽に注文することができます。

オーダーシャツの注文の流れとは?

自分の体格に合ったオーダーシャツの注文をしたいけど、どのような流れでお願いしたら良いのかわからない、このような悩みを抱える方も多いのではないでしょうか。オーダーシャツを注文する時の流れとしては、まず作ってもらいたい最寄の専門店を探して、ホームページにある問い合わせフォームや電話で「来店予約」をします。この時に製作するシャツの枚数や利用シーンなどの記入し、相談だけでも問題ないため気軽に問い合わせしましょう。 予約した日時に来店したら、どのようなシャツを作りたいのかスタッフとイメージを共有するための「カウンセリング」が行われ、オーダーシャツのデザインやシルエットのイメージが整ったら、豊富な種類のある生地の中から実際に使用する物を手触りや質感などを確認しながら「生地選び」を進めていきます。オーダーシャツの生地が決まれば、スタッフによって体型の正確な「採寸」が行われ、最後にシャツに使うボタンや裏地などの細かいデザインの「オプション選択」をするのが一連の流れになります。

オーダーシャツの料金相場はどれくらいか?

オーダーシャツは、自分の体型や好みに合わせて作れる特別なシャツです。既製品のシャツと比べると高価になるものの、着心地の良さや見た目の美しさは格別なので利用を検討してみてはどうでしょうか。では、オーダーシャツの料金相場はどれくらいなのでしょうか。既製品のシャツは3,000円~7,000円が平均価格です。オーダーシャツの料金相場は、5,000円~10,000円程度が平均になります。この価格帯では生地や仕立ての種類は限られるものの、基本的なオーダーシャツを作成することができます。生地や仕立ての種類にこだわりがある場合は、10,000円を超えることもあります。高級な生地を使用できたり、ボタンや襟などのディテールをカスタマイズできるなどのこだわりのシャツを作れます。そのほかにも、オプションを付けると価格は上がります。襟型や袖口の形、胸ポケットの種類によりオプションが発生することもありますが、自分自身の好みにマッチしたシャツに仕上がります。

オーダーシャツはオンラインで購入することも可能

オーダーシャツ店舗に足を運ばなくても、自宅やオフィスから簡単に商品手に入れることが可能です。
オンラインでの購入は時間と労力を節約できるだけでなく、幅広い選択肢から自分好みのデザインや素材を選ぶことができるというメリットがあります。
購入する際にはサイト上で自分自身の採寸を行い、そのデータを入力することになります。
多くの店では採寸方法を詳しく説明しており、初めての人でも簡単に正確なサイズを測定することが可能です。
一度サイズを登録しておけば、次回からはそのデータを利用して簡単に注文することが可能です。
店では様々なデザインや素材・カラーから選ぶことができ、自分だけのオリジナルシャツを作成することができます。
一部のショップでは、ボタンやステッチの色をカスタマイズすることも可能で、細部にまでこだわった商品を作ることができます。
しかし、オーダーシャツ購入には注意点もあります。
採寸の誤りやデザインのイメージ違いなどが原因で、思っていたものと異なる商品が届くことも。
そのため購入前にはショップの評判をチェックしたり、返品・交換ポリシーを確認しておくことが大切です。

オーダーシャツにはフルオーダーとセミオーダーがある

オーダーシャツというのは、自分の好みや体型に合わせて、生地やデザイン・サイズなどを選んで仕立てるシャツです。
このオーダーシャツには、フルオーダーとセミオーダーの2種類があります。
前者は、顧客の寸法に合わせて型紙から作り直すことによって、完全にオリジナルのシャツを作る方法です。
この方法では、生地やデザインだけでなく、襟や袖口・ポケットなどの細部も自由に選ぶことができます。
また、仮縫いという試着の工程を経て、微調整を行うことで、より体にフィットしたシャツにすることが可能です。
後者は、予め決められているいくつかのパターンの中から、生地やデザインを選んだ上で、サイズを補正することで自分好みのシャツを仕立てる方法になります。
セミオーダーは、フルオーダーよりも選択肢が限られるものの、それでも十分に自分の好みに合わせることが可能です。
仮縫いは行わずに採寸したサイズで仕上げる方法であるため、納期も早くなります。

オーダーシャツはボタンも自由に選ぶことが可能

オーダーシャツを選ぶ際、がらの選択は個人のスタイルや好みに大きな影響を与えます。
オーダーシャツの最大の魅力は、柄を自由に選ぶことができる点です。
柄はシャツの外観における重要な要素であり、選び方によって印象が大きく変わります。
柄は個人の好みによって異なりドットなどさまざまな選択肢があります。
柄を選ぶ際考慮すべきポイントはいくつかあります。
まずシャツの用途を考えましょう。
ビジネス用途には無地や微細なストライプが適していますが、カジュアルな場面では大胆な柄やカラフルなデザインが楽しめます。
柄は体型や身長にも影響を与えるものです。
細身の方には細いストライプや小さながらが似合い、逆に体格のある方には太いストライプや大きな柄が似合うことがあります。
個人の特性に合った柄を選ぶことで、自分のスタイルを引き立てることができます。
唐草模様は一般的ながらの中には含まれません。
唐草模様は日本の伝統的なデザインであり、オーダーシャツの柄としてはあまり一般的ではありません。
しかし、特別な要望がある場合には、オーダーメイドのシャツに唐草模様を取り入れることも可能です。
最後にボタンの選択も重要ですがシャツのディテールの一部であり、シャツ全体の印象を左右します。
ボタンの素材や色、デザインに気を配ることでシャツの見た目をカスタマイズすることができます。
これはシャツの持つ独自の特徴として重要な役割を果たします。

オーダーシャツを作る際は正確に採寸してもらうことが重要

オーダーシャツを作る際、最も重要なプロセスの一つが採寸です。
これは完璧にフィットするために不可欠であり、着心地や見た目に大きな影響を与えます。
正確に行うことで、体のラインにぴったりと合ったシャツを作ることが可能です。
プロのスタッフは経験と知識を持っており、体の各部位を正確に測定することができます。
特に肩幅や袖丈・胸囲など、シャツのフィット感に直接影響を与える部分は非常に重要です。
これらの部分が正確に測定されていないと、窮屈に感じられたり、逆にだぶついて見えたりすることがあります。
プロにサイズチェックをしてもらうときは、リラックスした状態で測定することが重要です。
これにより、より正確なサイズを把握することができます。
オーダーシャツは既製品と比較して価格が高くなることが一般的ですが、その分、自分の体にぴったりと合ったシャツを手に入れることができます。
正確な採寸によって作られたシャツは着心地が良く、長時間着用していても疲れにくいため、ビジネスシーンやフォーマルな場での利用に最適です。

オーダーシャツは様々な種類の生地を選ぶことができる

オーダーシャツは、様々な種類の生地を選ぶことができる非常に魅力的な衣料品です。
しかし、その値段が少し高い理由は何か、それについて考えてみましょう。
まず第一に、オーダーシャツは一般的な既製品のシャツとは異なり、個々の体型や好みに合わせて作られます。
これにより、着心地やフィット感が非常に優れており、それは高品質の素材と職人の技術が組み合わさって初めて実現できるものです。
素材自体も厳選されたものが使用され、肌触りや通気性などが考慮されています。
このようなカスタマイズされた製品を提供するためには、多くの手間暇と専門知識が必要です。
次にシャツは持続可能なファッションの一環として位置づけられています。
高品質な素材を使用し、丁寧に作られたシャツは、長寿命であり、繰り返し着用できるため、環境にも優しい選択となります。
また、オーダーシャツの製造過程では、大量生産と比較して廃棄物や過剰な在庫が発生しにくいため、持続可能性に配慮した価格が設定されています。
最後にオーダーシャツを提供するブランドや専門店は、高度な職人技術を駆使しています。
シャツのデザイン、パターンの作成、縫製技術、仕上げの繊細さなどこれらの要素には高度な専門知識と熟練した技術が必要です。
職人たちはシャツを一つずつ手作業で仕上げ、品質を確保するために細部にわたり注意を払っています。